2013年12月23日月曜日

クリストシュトーレン



今日は友人の政次郎さんがシュトーレン、ダブルで買っていってくださいました。
ありがとうございます!

政次郎さんが大きいのでシュトーレンと私が小さく見えますが(笑)
シュトーレンはリアルで見るとビックリサイズの大きさです。
おみやげに、またやいつもと変わったバースデースイーツに色々と喜んでもらえる
スイーツになると思います。

クリストシュトーレンは生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれており、
表面には砂糖がまぶされています。ドイツでは、クリスマスを待つアドベントの間、
少しずつスライスして食べる習慣があるそうです。
フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、
「今日よりも明日、明日よりもあさってと、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」らしい

発祥はザクセン州のドレスデンで、その歴史は14世紀にさかのぼる。
ドレスデンでは、12月の第1土曜日に巨大なシュトレンがパレードする祭りが行われる。
日本ではじめて製造・販売したのは福岡の千鳥饅頭総本舗だそうです。

内容はウィキでの知識になります。

日持ちするのでおみやげとしても大変喜ばれる高級なお菓子だそうです。

結構つくるのにエネルギーを使うそうです(笑)嫁いわく。

しかし、名護の皆様が笑顔で食っていただけたら嬉しくていっぱい作る!!!


さぁクリスマス 聖なる夜をおすごしくださいませ!

0 コメント:

コメントを投稿