2014年3月4日火曜日

『空想世界NAGAYAMA』 第三話 《ヴィスターゲット》

さぁ、始めようか!

空想世界のInnovation


この世界は精神の領域、魔術師にもなれる。
知らねば起こらぬ、知れば何かが起こるこの世界の変革を!

あの時は牛が、今は車が飛行機が船が電車が、
そして今は高速なUFOという乗り物で(潜在意識)を乗っける。

もう、ここまでこれば自動で目的地まで行ってくれる。
DNA(デオキシリボ核酸) 二重ラセン染色体を持つ生命体は
色々なモノを周りに引きつけて新天地へ進む。

まるで宇宙だ。

ビックバンのごとく人と対立し戦い衝突しあっては能力を精神を意志を強化させ
ひとつのデカい星をつくる。


形が変化し、いままでのあなたとは違う人生になる。星になる。

現在から殻を破り未来への形へと変化を自由に行えるようになる。

その形は他者を救う、役に立つ形へとイノベートさせていく。
対立・・・対話・・・争い、和解。
遺伝子は知っている。あなたの形を。
静かに秒針が時を刻み開花を迎える。

必然だ。必ずあなたへ訪れるのである。
この出来事も、この痛みも・・・経験・・・快楽・・・喜び・・・!
覚醒すれば、人類の歴史に興味を持ち何世代もの時空を超えて
学び欲のエンジンで新たな冒険の世界へ行くであろう。

-宇宙の膨張-

思考は強力な最強な武器であり。
どれだけのエネルギーを得る事ができるであろうか。

どれほどの器をもっても人間の欲が果てしないように、
宇宙の膨張が人間の欲と似ているように器からこぼれおちる程だ。

その度に合体して大きな器が必要になる。
もう少しの辛抱!

龍の存在を見たものはいるのであろうか?
彼は空想の産物である。

思考が恐れられるように、思考という空想の生物が絵にかかれ、
置物にされ強さの象徴になる。

私を変わっていると思うであろう。
だが人と同じ事をしていたのでは誰も興味は持たないであろう。
だから自動人間は捨てるのである。

汝全てを捧げ その目的の為に。

この文章を読む人には出会いがある。
なにせ私という変人の文章を読んだのだから。





目が覚めると俺は病院のベットの上だった。
まだ体が回復していないようだ。
呼吸はおちついていないのに何故か眠気がきて
瞼が閉じて夢の世界をまた見始める。

空想世界ではこんなにも強いのに、
何故、現実世界はこんなにも弱く脆く崩れやすいのだ。
どうせ、こんな苦しい世界・・・。

声がきこえる母の声だ。母の声は遠く小さくなっていく。

また一つ一つ扉が開かれる。


0 コメント:

コメントを投稿